海外fxを行う際はポイントを事前に確認しておけば問題ない!
ロゴ

国内fxと海外fxの違いや業者を選ぶ時のポイントを掴もう

海外fxを行うなら

海外fxを行う場合、XMでは口座開設をネットを通じて行うことができますが、取引に関してちゃんと情報を得ることも大切です。海外fxと国内fxとでも違いがありますが、比較をした際に、大きく異なる点を順位別でチェックしていきましょう。

海外fxと国内fxで異なること

電卓
no.1

レバレッジ規制に関して

海外と日本とで最も異なる点は、レバレッジ規制に関してです。まず、日本の場合は規制がありますが、海外だと規制がありません。規制がないことによって、相場も約400~500倍という設定になってきますので、資金が少ない場合でも大きな利益を出すことが可能になります。

no.2

追証の有無

次いで異なるのは、業者に対して発生する投資家の債務である、追証です。日本の国内fxだと追証がありますが、海外fxの場合には追証がありません。追証がないことによって、相場が予想外に変動した場合でも、背負うリスクが証拠金の金額の範囲内に収めることができます。

no.3

取引方法の違い

取引方法でも、国内と海外とでは違いがあります。国内fxの業者は、投資家が儲けたら払戻金の損失を受けますが、損をした場合に儲かる仕組みになってきます。海外fxの業者は、投資が儲けた場合、取引量を増やすことによって儲かります。利益相反になる国内fxだと、投資家の見えない部分で損をする可能性があるので、海外fxが有利となります。

海外fxを行う際はポイントを事前に確認しておけば問題ない!

貯金箱

金融ライセンスの保持をチェック

海外fxの取引をする業者を選ぶ際に、一番重要なことは金融ライセンスの保持です。営業許可である金融ライセンスを取得するには、厳しい基準を満たしていく必要性があります。国によっても審査の基準は異なりますが、海外fx業者がその国で金融ライセンスを取得していれば、信頼性も高まります。

男性

約定力の高さ

海外fxの業者の約定力の高さも投資家にとっては重視したいものです。それを知るには、海外fx業者のホームページにて確認することができます。優良業者の場合だと、毎月の約定業績などのデータを公開しています。約定スピードも、海外fxについての情報を取り扱っているサイトなどで比較・確認をすることができます。

スーツ姿の人

スプレッドの狭さを確認する

投資家なら気になるのがスプレッドの狭さですが、0.1pips異なるだけでも年間を通してみると大きな差が生じてきます。海外fxの場合には、リアルタイムでスプレッドが変動しているのでチェックしてもデータを生かすことが難しくなります。そこで、平均スプレッドをチェックすることによって、業者のおおよそのスプレッドの狭さを確認することができます。

ポイントを押さえれば失敗しない

海外fxは業者選びのポイントを押さえることによって、国内fxよりも比較的利益を上げやすくなっています。また、日本人スタッフがいることによって、何かあった時には迅速に対応してくれますので、そこも併せて確認しておくといいでしょう。

広告募集中